2008年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.25 (Wed)

サマーコンサート'08

どうも初めまして、2年生のどーまんだす 

今回は先日6月14日の夕方に行われたビッグイベント、サマーコンサートについてレポらせていただきやす

サマーコンサートは、12月に行われる定期演奏会と並ぶ我々の二大コンサートのうちの一つです。

こんなイベントについてのレポートを私が書いていいのかと不安になるくらいのビッグイベントなーんでございます。

分かりやすくいうと、サマコンは紅白歌合戦。定期演奏会はボクシング世界戦みたいなもんです。全然わからん例えですね

この日のために我々は日々歌の練習を積んでいるわけです。いろんな意味でモチベーションは高いっす。


〔本番当日〕

会場は江戸川区総合文化センター小ホール昔ながらのよき街並みが残る場所にございます

summerc03.jpg

↑リハーサルを終え、いざ本番

お客様多っ

ざっと3万人は入ったんじゃね?(※投稿者の過激な妄想が含まれています)

サマーコンサートは3つのステージで構成されちょります


第一ステージ:指揮者ステージ 曲集「こいうた」

曲目は恋唄・空」「日常」「恋よぼくらふたりの」の3曲

写真です↓みんな曲の雰囲気どおりダンデェーな表情で歌ってますな え?そうでもない?
summerc11.jpg



第二ステージ:副指揮者ステージ

曲目は「言葉にすれば」「走る」「花」「信じるの4曲

「言葉にすれば」はなんとあのゴスペラーズのシングル曲です写真です↓
summerc10.jpg


第三ステージ:常任指揮者・石野健二先生のステージ 曲集「思い出すために

曲目は「かなしみ」「手紙」「世界のいちばん遠い土地へ」「ぼくが死んでも」「思い出すために」「種子」の6曲

我らが常任指揮者、石野大先生のステージだっちゃ写真です↓
summerc14.jpg


アンコールをこなし、無事コンサートを終えた直後は拍手の嵐

お客様の拍手、感動の声を聞きたくて、僕らは日々地獄のシゴキ練習にはげんでいます

お客様と音楽を介して、心で通じ合える喜び。この感動にはなんにも換えがたいモノがあるっす


[本番終了後]

まぁ無事コンサートを終えて、まっすぐおうちにかえりま…せーん

宿に泊り込みでそれぞれの功労を労うパーティーを開きました!ウホっ!

そのときの風景の写真をうpしておきます↓
summerc12.jpg

楽しそうですねー。ほんと、おバカ学生まっしぐらでもメッチャ楽しいんでヨシです

泊まりのイベントなので、その一夜の間に団員のカッコいい一面、意外な一面、な一面が見れて、有意義な一夜を過ごしました


ちなみに僕は片付けに追われて一睡もしませんでした。ふふふ


そんなこんなで僕らはサマーコンサートを無事にこなした僕らは、翌日学校にて反省会を行いました↓
summerc02.jpg


その反省会で歌うことの楽しさ・人とのつながりの大切さを再確認していくのです


僕らの歌を聴くために遠くからわざわざ足を運んで頂いたお客様に、僕らのそういうアツい思いを届けられるように、また日々練習に励んでいくのであります。


さぁ、次はもう一つのメインコンサート、定期演奏会が12月に残されています。

定期演奏会は12月13日です☆

定期演奏会に向かって我々は日々練習を重ね、時にコースアウトし(←え)邁進していくのでありまーす

以上、めちゃくちゃな文章になりましたが、わたくし、どーまんのサマコンレポートでした!
スポンサーサイト
00:07  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.12 (Thu)

紀尾井の森コンサート `08

こんにちは、2年生のふゆかといいます
4年Tenor組H先輩には申し訳ありませんが、『まさかの!?定期演奏会』を変更し
『紀尾井の森コンサート`08』についてお送りしたいと思います。
(注:アマデウスコールの定期演奏会は12月です



さて、先日行われたビックイベント・紀尾井の森コンサート。

Q. そもそも紀尾井の森コンサートとはなんぞや。
A. 上智大学の音楽協議会という、アマデウス・コール含む他10団体が属している連盟があります。その音楽協議会(通称音協)主催の学内コンサートです。


ちなみに1、2年生のみの参加となっています。
いつもよりちょっと少ない人数で、練習は5月の上旬から始まりました


歌う曲は、そろそろ1年生の耳にも馴染んできた 「上智大学校歌」

ポップスで御馴染みの 「夜空ノムコウ」

合唱曲として有名な 「夢みたものは」

長年の愛唱歌として受け継がれてる 「Ride the Chariot」

…以上の4曲です


1ヶ月以内に4曲を仕上げるというのはなかなか至難の業です。
2年生の副学指揮の指導の下、発声して、パートに分かれての練習、そして合わせ
でもみんな緊張しているかって?
確かに「紀尾井」という地名が「気負いという言葉に音が通じてしまうけれど、そんな感じとは一切関係ナッシング!
練習は真面目、雰囲気は和気あいあいとしているんですよ♪







そして5月29日(木)の本番

1・2年生の晴れ舞台を見に、団員のお友達3・4年生の先輩がたが駆けつけてくれました。
普段あまり機会が無いアンサンブルのステージですので、歌うほうも聞くほうも楽しみにしてた日なんです。
1年生が初めて団服に袖を通しました
(サマコンまでに男声はジャケットが仕上がります!)


10号館講堂


普段授業を受けている10号館講堂がステージに早変わり
なかなかない機会なので、私もいつもと違う目で大学の校舎を感じました。


MC

アマデウスコールの団紹介、そしてサマーコンサートのお知らせなどのMCを、
1年生の2人にやってもらいました。
かっわいー

4曲なんてあっという間!
初めての舞台を踏み、果たして結果は如何だったのでしょう?


副学指揮


副学指揮、満足そうに微笑んでます!
定年退職前の記念すべき晴れ舞台で素晴らしい成果を残せました!


集合写真


…あのね、写真では潰れてるけど、みんなすごい笑顔なんですよ(めそり)
楽しく、歌い終わる事が出来ました!

お疲れ様でした!!!









…だけで、アマデの夜 が終わる訳ないじゃないですかー笑
楽しかった本番の後はもちろんみんなでご飯 を食べに行きました!
歌った後はお腹が空きますしね!(笑)

食べて、語って、笑って…。
歌って良い気持ちになったけど、本番後の談笑がたまらなく楽しいんです。
楽しすぎて時間に気付かなかった方も多々いらしたようです。
アルトの某2年生は「去年の紀尾井も日付変わって帰宅だったよ」と翌日呟いておられました。

そんな感じで、2008年度紀尾井の森コンサートは終了しました。
でもまだまだぁ!!!
1、2年生の絆がガッチリ深まったところで、サマーコンサートが目前に迫ってきました。
今回のような 歌う喜び を分かち合えるような本番を迎えたいですね。





最後に演奏会のお知らせです。

上智大学混声合唱団アマデウスコール サマーコンサート
 ♪ 2008年6月14日(土)
 ♪ 江戸川区総合文化センター小ホール
 ♪ 5時30分開場 6時開演
 ♪ 江戸川区総合文化センター(新小岩駅徒歩15分)



詳細はこちら(→ http://www.amade.jp/)からもどうぞ
紀尾井を経た私たちの歌声を、更にグレードアップさせてお届けします!
どうぞご期待下さい


以上、2年生のふゆかがお伝えしました
00:25  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.03 (Tue)

ソフィアンズデー2008

こんにちは、本日は5月25日(日)です。

突然ですが臨時ニュースが入りました。上智大学内でソフィアンズデーが開催されるとのことです。
早速ですが、現場を呼んでみましょう。4年BASS組のSさん~。

「は~い、上智大学1-408に来ています、Sです~。室内は現役生と卒業生でごった返しております~」




はい、ということで今回はソフィアンズデーについてレポりたいと思います。
今までの日記を見返してみると、皆さんふんだんに装飾をしており非常に華やかですね。なので今回は少々雰囲気を変えてモノトーン調でお送りいたします。


まず、ソフィアンズデーとは何か?ということについて、完全に私見を混ぜた説明をしてみたいと思います。
・正式名称「オールソフィアンズデー」と呼ばれてる。らしい?
・上智大学の卒業生が遊びに来る日。特にサークルや部活にとってのいわゆるOBOG会。
 みたいなもの?
・ちなみに毎年5月の最終日曜日に開催されているようです。

つまりアマデにとってみれば、OBOGが遊びに来るという説明で何ら問題ないと思う。
久しぶりに懐かしい方々に会えて、テンションが上がりまくるイベントと言っても間違いないでしょう。


----------------------------------------------------------------------


さてさて、ということでOBOGさんたちの集合時間は13時30分とのこと。
現役生はそれよりも前に準備と称して12時50分に集合とのことでした。

どう見ても現役の集合時間は早すぎです。本当にありがとうございました。

ということでOBOG方は13時30分頃 か ら ぽつぽつといらっしゃいました。
僕も来年にはそうなっているのでしょうか?

僕も来年にはOBですが、13時20分には集合したいと思います。


OBさんです。

↑前の2人がOBさんです。写真無断使用です。手に持っている楽譜がレクイエムです。



ということで、45分頃にスタート。雨が降っていたので、OBOGさんの集まりはあまりよくない模様です。
僕も来年雨が降っていたら行かないのでしょうか?

僕は来年雪が降っていてもちゃんと行きたいと思います。


----------------------------------------------------------------------


私たちアマデウスコールは毎年、この日にメインイベントとして、いらっしゃったOBOGさんと一緒にモーツアルトのレクイエムを歌ってます。一応「アマデウス」を名乗っている以上、モツレク(モーツアルトのレクイエムの略)は歌えるという所をアピールしておかないといけないもんで……。

あ、そういえば現役からも何曲か歌いました。今年は「夢みたものは…」「思い出すために」「GALAXY EXPRESS 999」だったかな? ちなみに去年は「鴎」を歌って大ゴケしました。

現役パフォーマンス

↑現役の皆さん歌ってます。元気です。



発声練習に「校歌」を歌い、いよいよモツレクを歌います。

レクイエム合唱中

↑レクイエム中です。皆さん死者に祈りをささげています。



指揮とピアノはOBさんにやって頂いています。
モツレクはオーケストラ伴奏のため、ピアノ譜がかなり無理矢理な作りになっており、常識を逸脱した難しさになっております。それを弾きこなすOBピアニストさん無しには成立しないのではないのか、と言われています。今年もいらっしゃって頂いたことに感謝です。


モツレクは全曲で45分以上の曲構成になっています。ソフィアンズデーではソロの曲はカットするのですが、まあ30分以上は歌い続けていたのではないでしょうか。

また、皆さん全力投球を惜しみません。日本ハムファイターズのダルビッシュ投手みたいな省エネ投球は性に合わないようです。フォルテはフォルテッシモ、ピアノはフォルテぐらいで歌ってます。静かになる瞬間がありません。

そのため非常に 暑 い 。

てーか酸欠になりそう。

ちなみにモツレクを歌える人数はベースが10人ほどいたのに対して、ソプラノは5人ほどだったそうです。(3年生以下はステージで歌ったことがないため、音が取れてない)
後で「もう少しソプラノのこと考えてよ~」とか言われてしまいました。僕は他のパートの事を考えるのは苦手なんです。


----------------------------------------------------------------------


ということで酸欠寸前になりながらもモツレクを全曲通すことに成功しました。

この後は、OBOGさんたちとちょっとした飲みに行くのが毎年の流れです。今年もそのような流れは健在です。
昔のアマデのあんな話やこんな話やちょっとした伝説を聞きつつ飲みます。




はい、ここまでだらだら文章を書きましたがこんな感じでソフィアンズデーは終わるわけです。


以上、ほとんど記憶を無くしたためにあまり詳しく書けなかったSによる、ソフィアンズデーレポートでした。




次回予告:4年Tenor組H君による、『まさかの!?定期演奏会』

(※予告はお知らせなく変更する場合がございます。)
14:21  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。