2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.28 (Fri)

四団交歓会

こんにちは。アマデ二年のるりはですヾ(´・∀・)ノ{わぁーい
今回四団交歓会の記事をおおせつかりましたのでございます
なぜ私が任命されたのだろう・・・人事ミスかと思い三回ほど頬をつねりましたが正夢でした。正夢が一ヶ月続いたのでこれは現実なんでしょう。・・・多分。

前置きが長くなりました。前置きが長いことに定評のある自分にはこれで精一杯短くしたつもりです。閑話休題。


さてさて、四団交歓会というものは、わが団アマデウスコールのほかに他大学の合唱サークルさんと共同で行う親睦会のことです。ここで各団体とお知り合いになったり、各団の練習風景を見たりしてお互い刺激しあう機会を設ける会ともいいます。
詳しくは去年の記事をググってみよう!・・・とか書きたいのですが。無い・・・だと・・・・!?ざわざわ・・・。私の心拍数が100上がりました。

四団交歓会に参加している団体は他に・・・

慶應義塾大学・日本女子大学混声合唱団コール・メロディオン(コルメロ)
一橋大学津田塾大学合唱団ユマニテ(ユマニテ)
東京大学法学部緑会合唱団(緑会)

見るからに高学歴の集まり・・・とかそんなこと言ってはなりません。四つの団が一つの会場に集まって互いのサークル活動や人柄を知るまたとない機会なのです!他大学・他の合唱団・100人超の規模で行われる、年一回の貴重なイベントです



集まってやることといえば、1に歓談2に歓談3に以下同文というわけではなく。歓談はもちろんのこと、互いの校歌や団歌を練習するなど。合唱団ならではの関わり方であり、ただの親睦会では終わらせない、合唱団ならではの楽しみ方であります。
今年は
緑会コルメロ
コルメロ緑会
ユマニテアマデ
アマデユマニテ
といったような組み合わせで、団歌交換を行いました!
音取りも各団体のパートリーダーたちがピアノを駆使して他団に教えています。それは手取り足取り・・・・
ここの小節は譲れない!もっと強弱!そしてなーめーらーかーにー!
パトリたちの情熱が記事にまで漏れてきます。
いつもとは違った人間に教え込む姿を遠目で見ながら、パトリすげー!とのんきにのたまう自分がいるのでした。

その後は、全体でレクリエーションを行いました。難解な問題に挑む参加者たちをあざ笑うかのごとく、この交歓会を企画した者たちはせせら笑いを浮かべるのでした・・・。だってその問題の中身は・・・・・それは交歓会に参加している者だけの秘密


進行していくにつれて感じたことは。最初は団体ごとに集まりがちだった人のかたまりが徐々にばらけていき・・・・そして全く知らなかった人間とお話していたり、あまつさえ以前から友達だったように仲良さげに話している姿を多く目にしたということです。音楽のつながりはやはり偉大なのだと実感させられる一場面でした。そして一場面だけでなく、時間が流れるにつれてその現象が多くなっていくのにも微笑ましさを感じました(ノω`*)


ひとまず会場を後にして向かったのは池袋のとある居酒屋さん。そこで二次会が開かれたのです。が・・・・そこでは・・・・


            


声を張り上げてアルコールを運ぶももみ消され、そしてどこかに消えてゆくアルコール・・・・どこか知らない誰かの胃の中へダイブしていくアルコール・・・私の持ってたアルコールも当然どこか彼方へ・・・・嗚呼。
こうして夜は更けていったのでした・・・。


人がへべれけ、宴もたけなわということで二次会をもって一応の解散とするも、飲み屋の周りには多くの人が残っていました。
飲み足りなくて新たな飲み屋へいざいかむという人や、別れが惜しくておしゃべりを続ける人、再会の約束をしている人など。やはりこの交歓会には何か人を引き寄せる力があるのだなぁとぼんやり思いながら撤収したのでした。


そうです、今回の交歓会。実は私がおこがましくも団の代表として、他の団体さんと共同で企画していました(*゚ー゚*)
他の団体さまと新たに知り合いができたり、企画している中で深まる連帯感みたいなものも味わえて、とてもやりがいのある仕事だったと思います。何より、楽しい!!
こうしたイベントを企画できることは何よりも得がたい経験になりました。他の団体の皆様ありがとうございました!アマデ同期のみんな、そして支えてくれた渉外(あ、言っちゃった)に感謝感謝です!!



つたない文章でありましたが、最後まで目を通していただきありがとうございました。アマデへの好奇心、ひいては合唱の魅力に皆様が刺激されることを願ってやみません




スポンサーサイト

テーマ : みんなに知って貰いたい事 ジャンル : 日記

02:16  |  イベント  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。