2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.03 (Tue)

ソフィアンズデー2008

こんにちは、本日は5月25日(日)です。

突然ですが臨時ニュースが入りました。上智大学内でソフィアンズデーが開催されるとのことです。
早速ですが、現場を呼んでみましょう。4年BASS組のSさん~。

「は~い、上智大学1-408に来ています、Sです~。室内は現役生と卒業生でごった返しております~」




はい、ということで今回はソフィアンズデーについてレポりたいと思います。
今までの日記を見返してみると、皆さんふんだんに装飾をしており非常に華やかですね。なので今回は少々雰囲気を変えてモノトーン調でお送りいたします。


まず、ソフィアンズデーとは何か?ということについて、完全に私見を混ぜた説明をしてみたいと思います。
・正式名称「オールソフィアンズデー」と呼ばれてる。らしい?
・上智大学の卒業生が遊びに来る日。特にサークルや部活にとってのいわゆるOBOG会。
 みたいなもの?
・ちなみに毎年5月の最終日曜日に開催されているようです。

つまりアマデにとってみれば、OBOGが遊びに来るという説明で何ら問題ないと思う。
久しぶりに懐かしい方々に会えて、テンションが上がりまくるイベントと言っても間違いないでしょう。


----------------------------------------------------------------------


さてさて、ということでOBOGさんたちの集合時間は13時30分とのこと。
現役生はそれよりも前に準備と称して12時50分に集合とのことでした。

どう見ても現役の集合時間は早すぎです。本当にありがとうございました。

ということでOBOG方は13時30分頃 か ら ぽつぽつといらっしゃいました。
僕も来年にはそうなっているのでしょうか?

僕も来年にはOBですが、13時20分には集合したいと思います。


OBさんです。

↑前の2人がOBさんです。写真無断使用です。手に持っている楽譜がレクイエムです。



ということで、45分頃にスタート。雨が降っていたので、OBOGさんの集まりはあまりよくない模様です。
僕も来年雨が降っていたら行かないのでしょうか?

僕は来年雪が降っていてもちゃんと行きたいと思います。


----------------------------------------------------------------------


私たちアマデウスコールは毎年、この日にメインイベントとして、いらっしゃったOBOGさんと一緒にモーツアルトのレクイエムを歌ってます。一応「アマデウス」を名乗っている以上、モツレク(モーツアルトのレクイエムの略)は歌えるという所をアピールしておかないといけないもんで……。

あ、そういえば現役からも何曲か歌いました。今年は「夢みたものは…」「思い出すために」「GALAXY EXPRESS 999」だったかな? ちなみに去年は「鴎」を歌って大ゴケしました。

現役パフォーマンス

↑現役の皆さん歌ってます。元気です。



発声練習に「校歌」を歌い、いよいよモツレクを歌います。

レクイエム合唱中

↑レクイエム中です。皆さん死者に祈りをささげています。



指揮とピアノはOBさんにやって頂いています。
モツレクはオーケストラ伴奏のため、ピアノ譜がかなり無理矢理な作りになっており、常識を逸脱した難しさになっております。それを弾きこなすOBピアニストさん無しには成立しないのではないのか、と言われています。今年もいらっしゃって頂いたことに感謝です。


モツレクは全曲で45分以上の曲構成になっています。ソフィアンズデーではソロの曲はカットするのですが、まあ30分以上は歌い続けていたのではないでしょうか。

また、皆さん全力投球を惜しみません。日本ハムファイターズのダルビッシュ投手みたいな省エネ投球は性に合わないようです。フォルテはフォルテッシモ、ピアノはフォルテぐらいで歌ってます。静かになる瞬間がありません。

そのため非常に 暑 い 。

てーか酸欠になりそう。

ちなみにモツレクを歌える人数はベースが10人ほどいたのに対して、ソプラノは5人ほどだったそうです。(3年生以下はステージで歌ったことがないため、音が取れてない)
後で「もう少しソプラノのこと考えてよ~」とか言われてしまいました。僕は他のパートの事を考えるのは苦手なんです。


----------------------------------------------------------------------


ということで酸欠寸前になりながらもモツレクを全曲通すことに成功しました。

この後は、OBOGさんたちとちょっとした飲みに行くのが毎年の流れです。今年もそのような流れは健在です。
昔のアマデのあんな話やこんな話やちょっとした伝説を聞きつつ飲みます。




はい、ここまでだらだら文章を書きましたがこんな感じでソフィアンズデーは終わるわけです。


以上、ほとんど記憶を無くしたためにあまり詳しく書けなかったSによる、ソフィアンズデーレポートでした。




次回予告:4年Tenor組H君による、『まさかの!?定期演奏会』

(※予告はお知らせなく変更する場合がございます。)
スポンサーサイト
14:21  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。